2018年春闘がスタートしました!

 宮城一般労働組合は1月27日~28日の両日、2018年春闘討論集会を兼ねた「拡大中央委員会」を開催し、参加者の二日間にわたる真剣な議論を経て採決が行なわれ、満場一致の賛成で方針が決定されました。
 <確認された『2018年春闘の構えと柱』>
  1.ベアにこだわる賃上げ交渉を粘り強く追求する。
  2.“最低賃金と中小企業振興”の二大運動に全力を挙げる。
  3.被災者・被災地に寄り添う支援で一日も早い復興をめざす。
  4.「安倍9条改憲NO!」3000万統一署名を全力ですすめる。
  5.2018年春闘を通して“温かく頼りになる宮城一般”をつくる。
 私たち宮城一般は、2018年春闘をこの「5つの構えと柱」を中心に据えて、成果を勝ち取るために奮闘します。



「2つの署名」にご協力をお願いします
―― 「核兵器廃絶国際署名」「安倍9条改憲ノー!憲法を生かす全国統一署名」 ――

 いま、宮城一般は2つの署名 ―― 「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」と「安倍9条改憲ノー! 憲法を生かす全国統一署名」に取り組んでいます。
 先の戦争で、アメリカが広島と長崎に投下した原爆に遭い、今なお原爆の後遺症に苦しむ被爆者の皆さんが「核兵器の廃絶」を求めて運動を続けてきた結果、過日の国連会議で「核兵器禁止条約」が122ヶ国の賛成で採択されました。核兵器廃絶を訴え続けた被爆者の願いが一歩前進しました。しかし、被爆国である日本の政府はこの条約の採択に参加せず、サインしようとしていません。被爆者らは、核兵器の全面廃絶をさらに進めるために、「国際署名」を呼びかけています。私たちはこの呼びかけに応え、署名運動に積極的に取り組んでいきます。
 日本は、戦後70年以上にわたり、戦争で殺し、殺されることもなく、平和を守り続けてきました。これは平和憲法があったからです。9条を変えたり、自衛隊を9条に明記することなどあってはなりません。私たちは憲法の改悪に反対し、日本の平和・人権・民主主義が生かされる政治を実現するため、「憲法署名」に取り組んでいきます。
 皆さんもぜひこの署名運動にご参加くださるよう、心から呼びかけます。

<署名用紙のダウンロードはこちらから>
「核兵器廃絶国際署名」  「安倍9条改憲ノー!憲法を生かす全国統一署名」

トップページ >

新着情報(2018年2月11日更新)


  1. 2018年春闘討論集会を開催 ―― 宮城一般 2018年春闘がスタート!
  2. 全労連・全国一般労働組合「18春闘討論集会」を開催 2018年春闘方針を決定
  3. 11月25日:「炊き出し&お茶っこ会」in名取市閖上中央第一団地
  4. トップページに「2つの署名」のとりくみについてアップしました
  5. 10月1日:宮城一般第62回定期大会を開催しました
  6. 宮城県の「最低賃金」は10月1日から「772円」になります
  7. 9月2日:第29回宮城県労連定期大会開催~宮城県政の転換をめざして全力を~
  8. 9月3日:東日本大震災支援 宮城一般「夏まつりinわたのは」石巻市渡波で開催
  9. 8月26~27日:全労連・全国一般労働組合第29回定期大会 熱海で開催
  10. 宮城一般労働組合 公式ホームページのURLを変更しました
    新しいURLは「 www.miyagi-ippan.com 」です。ブックマークの変更をお願いします。


 【雇用】 【くらし】 【老後】 の不安を解決するために......

 こんなあなたを応援します......

こんなことで悩んだり   あきらめたりしていませんか?

こんなとき 労働組合があったら・・・・・・

すぐ、ご相談ください。ご相談は無料です。

こんなときこそ宮城一般です  多くのなかまたちが解決しています

安心して働く職場づくりをお手伝いをします

・・・ わたしたちが完全サポート(応援)します ・・・

宮城一般労働組合は、誰でも一人でも、パートや派遣など、どんな職種の人でも気軽に入れる労働組合です。

組合員個人の思想や信条の自由を守り、さまざまな労働運動を通じ、みなさまを完全サポートしています。

組合加入のご案内のページへリンクします 組合加入のご案内ページへリンクしています